理想の住まいを探す為に必要なサービスとは何か

不動産を効率よく利用

知っておくとよい情報とは

バブルの頃は別荘ブームで避暑地にはたくさんの別荘が建てられました。不動産としての別荘の価値が高かったからです。ところが、土地不動産が下落し、しかも不況の影響で別荘を購入する人も少なくなり、別荘も空家が増えています。 ただ、別荘の中には利用価値があるものも多く、しかもかなり安価になってきているため、かつては高嶺の花だった別荘を購入する人もいます。 この時問題になるのが維持費と固定資産税です。別荘を購入して頻繁に避暑地に行くのであれば購入する意味はありますが、かつてのように土地自体が高騰しているわけではないため不動産としての価値は見られません。しかも維持費と固定資産税がかかるのであれば、購入するほどの価値があるかどうかを真剣に比較考量する必要があるでしょう。

工夫することで得られるメリット

どうしてもそこに別荘を持ちたいというのであれば500万円ぐらいから売りに出されているので購入してみてもいいと思いますが、別荘には泊まりたいけど、購入まではする気はないという人のために、貸別荘というのが流行っています。貸別荘は不動産として購入をするのではなく、1年間何日泊まれるというパックがあり、その権利を5年分で50万円ほど支払って購入するというものです。 維持費や固定資産税があることを考えると賢い選択です。しかも、毎年2,3回しか行かないのであれば貸別荘で十分ではないでしょうか。 これに対し、毎月のように泊まる時間と購入する資金があるのであれば貸別荘ではなく、別荘購入を検討してみてもいいと思います。