理想の住まいを探す為に必要なサービスとは何か

注意点について

土地の不動産登記情報に注意が必要です

これから不動産における土地を購入する際に、不動産業者等を通じての場合であればそれほど問題にはなりませんが、もし個人間での売買の場合にはその土地の不動産登記情報に注意が必要です。 土地には地目といって、その土地が何に使用されるかを示されています。宅地の場合であれば住宅等に使用ができますし、田、畑などはその地目通りに農地として使用するといった具合です。 農地の場合、農地以外のことで使用してはいけないということ、他者に譲ってはいけないということが農地法という法律で決められています。したがって、それ以外の用途や他人に譲り渡す場合には、その地域を所管する農業委員会にあらかじめ許可を受けなければいけません。その点に注意が必要です。

土地には用途が決められています

土地にはそれぞれ用途が決められています。登記簿に掲載されており、それ以外の用途で使用することは原則できない制度になっています。このことが一番よく知られているのは、農地です。 法務局で確認ができる土地などの登記簿謄本では、種目が定められており、その土地の目的としてどのようなことができるのかがはっきりと決められているわけです。農地の場合は、田、畑といった表記がなされていますが、これ以外の目的で使用することはできない制度になっています。 このように土地の用途が決められているわけですが、変更することもできます。農地の場合には農地法という法律で使用目的が決められていますので、その法律の規定に沿って変更申請を行えばいいということです。